新婚カップル必見!マンションを購入すべき理由

couple
(写真=Monkey Business Images/Shutterstock.com)

結婚したら、マンションか一戸建て、どっちに住もうか……などと考えたことはありませんか?「将来マイホームがほしいけれど、子どもが生まれるまでは賃貸でもいいか」という人もいるかもしれません。実際、マンションの購入と賃貸では、どちらがお得なのでしょうか?今回は、新婚カップルがマンションを購入すべき理由について解説します。

「庭付きの一戸建てでのびのび子育て」が理想

2017年1月に結婚情報誌のゼクシイが20~30代の女性に対し、結婚後の理想の住まいについてアンケートを行いました。回答はマンションが42%、一戸建ては58%と一戸建てのほうが若干上回ります。同年マクロミルが行った調査によれば、20~30代男性の場合は、マンション36%、一戸建て64%と、一戸建て派が大きくマンションを上回っています。一戸建て派の意見は、「庭付きの家が夢」「子どもやペットと庭で遊びたい」「子どもができたらのびのび暮らしたい」というもの。「庭付きの一戸建てでのびのび子育てをする」というのが多くの人の理想といえます。

理想と現実のあいだにギャップ

理想の住まいに対する夢は膨らむものの、結婚式や引っ越し、出産などでなにかとお金がかかる新婚カップルにとって、なにを優先させるかの取捨選択はとても大切です。都心や職場へのアクセスがよい場所で、駅近に住みたいという希望をもつ人が増えています。都心から離れた静かな住宅街であれば、庭付きの一戸建てという夢も叶えられそうですが、都会の駅近くとなると難しくなってくるでしょう。

同じくゼクシイが2012年3月に実施した20~30代の既婚または婚約中の女性を対象にしたアンケート調査で、現在の住居形態は「アパートかマンションを賃貸」という人が69%と大半です。一方、理想の住居形態は「一戸建て購入」40%、「アパートかマンションを賃貸」38%となっています。理想の住まいは一戸建てと答えている人が多く、理想と現実のあいだにはギャップがあることがわかるでしょう。

マンションは購入と賃貸、どっちがお得?

都心や職場へのアクセスを優先させてマンション住まいを選択した場合、購入と賃貸はどちらがお得なのでしょうか。ライフスタイルや好みにもよりますが、転勤や地元へのUターンなどで遠方に引っ越すような将来計画がない限り、新居は新婚のうちに購入することをおすすめします。なぜなら、子どもが生まれてからでは、子育てや教育になにかとお金がかかり、貯蓄が後回しになってしまうからです。

また、子育てのために夫婦の片方が育休や時短勤務になると、その分収入も減ってしまいます。SMBCコンシューマーファイナンスの「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2017」によると、子どものいない既婚者の平均貯蓄額は約228万円であるのに対し、子どものいる既婚者は約 123万円です。このデータからも、子どもがいない家庭は、子どものいる家庭の約2倍貯金ができていることがわかります。

また、不動産ローンを組んで購入する場合も、収入や預金が少なくても年齢が若いうちのほうが余裕をもって計画できるものです。

立地が良いマンションは将来の資産価値も高い

駅近で都心にもアクセスしやすいという立地条件のマンションは、築年数が経っても価値が落ちにくく、売却することになった場合でも流動性が高いというメリットがあります。一方、郊外の閑静な住宅街の一戸建ての場合、街中よりも住環境はよいかもしれません。しかし、将来的な資産価値や流動性を考えると評価が劣ります。

現代は高齢化社会で子どもの数も減っており、空き家が社会問題化しています。「両親が亡くなったあとに残される実家をどうしようか」と不安を感じている方もいるのではないでしょうか。このように、住み替えや将来の資産価値までを考えると、立地条件のよいエリアのマンションという選択肢のほうが優れているといえるでしょう。

新居選びは、夫婦それぞれの価値観や生活スタイルを色濃く反映するものです。結婚が具体的になったら、まずは「どういった家でどういう生活を送りたいのか」について2人でしっかりと話し合うようにしましょう。

>> ビギナーサラリーマン・OLのためのマンション投資について詳しく知る

【オススメ記事】
40代から考える退職金を活用した資産運用
2020年東京五輪に向けた不動産投資の戦略とは
マンション経営やアパート経営の始め方を解説!
ワンルーム投資の失敗から学ぶ成功への3つのポイント
どうやって始めるの? 不動産投資の買い方解説!