区分所有から始めてみませんか? 不動産投資への入口

Classification
(写真=ImageFlow/Shutterstock.com)

不労所得での生活を手に入れるための代表的な資産運用といえば、不動産投資が挙げられます。「不動産は住居」という概念が根付いている日本では、気軽にできる投資としては馴染んでいないかもしれませんが、誰でも少額から始められる可能性を秘めた投資方法なのです。

今回は、不動産投資に興味がある方のために、「区分所有」という考え方で始める不動産投資の方法を紹介します。

区分所有とは

アパートやマンションの不動産をまるまる自分の資産として購入する一棟買いに対して、部屋を1戸ごとに所有する方法を区分所有と呼びます。最近では、デベロッパーが個人の投資を促すために、個人投資用の分譲マンションの建築を積極的に行っているケースもあるようです。

誰でも不動産投資を始めるときは初心者です。不動産投資に対して自信があるのであれば話は別ですが、まずは区分所有を目的とした投資を始めるのがいいでしょう。利回りや投資効率を考えると、一棟買いの方がメリットは多く感じるかもしれませんが、区分所有にもさまざまなメリットが存在します。

区分所有のメリット

● 低リスクで遺産相続しやすい
不動産投資に遺産相続の問題はつきものです。遺産相続の相手が配偶者の一人だけなら問題ありませんが、子どもやその他相続の対象となる人間がいる場合は大きなトラブルになりかねません。なぜなら、不動産の特性上、平等に配分できない可能性があるからです。例えば、1件の住居を2人の子どもに相続する場合は、いったん現金化して配分するなどの手間がかかり、場合によっては折り合いのつかないこともあり得ます。そんな時に相続を見越して区分所有の物件を複数戸購入すれば、トラブルを未然に回避することが出来るかもしれません。

● 少額から始められる
一棟買いの投資と比較して、区分所有の大きなメリットは少額から始められることです。一棟買いの場合、土地やターゲット、投資費用回収の計画などの目論見が万が一外れてしまった場合、大きな資産を失ってしまいます。しかし区分所有の場合は、一棟買いと比べて数分の一といった少額で始めることが出来ます。また、場所や地域を変えて複数の物件を区分所有すれば、リスク分散にもつながります。

● マンション経営のノウハウを学べる
不動産経営を継続的に成功させるためにはノウハウは必要不可欠で、初心者が上級者へステップアップするために必要なのは、このノウハウを得る経験です。もし資金に余裕があり、ある程度の失敗が許容できるのであれば、まずめぼしい区分所有物件を購入して、それを運用することによってノウハウを得るのも一つの手です。セミナーや他人の経験談などからでは得られない、生きた経験から効率的にノウハウを吸収することができます。

まずは何から始める?

もし不動産投資に興味があるのならば、まずは最初のアクションの方向性を定めることが重要です。そのためには、自分の余裕資金がどれだけあるかを把握しましょう。

例えば、区分マンション数個に投資できるだけの資金があれば、まずは少額で買える小さめの区分マンションを購入してみてノウハウを身につけることをおすすめします。予算が厳しいのであれば、先にセミナーなどでできるだけ多くの知識をつけるのも良いでしょう。

区分所有物件への投資には多くのメリットがあります。特に初心者であれば、不動産投資の入口として区分所有から始めることをおすすめします。

もちろん、投資スタイルや求める効率性は、個人で異なります。自分は区分所有の投資が向いていると判断した場合は、そのメリットを最大限に活用できるように賢く行動しましょう。

>> ビギナーサラリーマン・OLのためのマンション投資について詳しく知る

【オススメ記事】
40代から考える退職金を活用した資産運用
2020年東京五輪に向けた不動産投資の戦略とは
マンション経営やアパート経営の始め方を解説!
ワンルーム投資の失敗から学ぶ成功への3つのポイント
どうやって始めるの? 不動産投資の買い方解説!