【マンション経営コラム|第1回】初心者でも大丈夫!最近話題の不動産投資を始めよう!

beginners
(写真=PIXTA)

「投資には興味があるけれど、株やFXはリスクが大きいらしくて不安」「年金だけでは将来の老後が不安」「なにかいい資産運用法はないのか」――。

そんな投資初心者の間で人気が高まっているのが不動産投資です。

不動産投資とはどんなもの?

不動産投資とは、将来の利益を期待して不動産を購入すること。たとえば物件を安く買って高く売ったり、マンションやアパートを買って貸し出したり、J-REITなどの金融商品を買って配当益を得たりすることなどが不動産投資にあたります。

ただ一般的には、アパートやマンションを賃貸料収入を期待して購入することを指すと考えていいでしょう。マンション投資、アパート投資ともいわれます。

細かくいうと、投資対象がマンションやアパート1棟全部なのか、1室だけなのかによって、「1棟投資」と「区分所有」に分類されます。

不動産投資 初心者でも成功できる?

不動産を買うということは、未経験者にとっては大変なこと。ですから「初心者には難しそう」と思われがちですが、意外とそうでもありません。なぜなら不動産投資で成功している人の中には、サラリーマンや公務員といった初心者の方も多いのです。

不動産投資は最低でも数百万円と高額ですので、自己資金だけというよりローンを組むのが一般的です。融資を受ける際には、物件の担保評価や収支計画が重要です。たとえ希望の条件に合うような物件があっても、金融機関の融資が受けられなければ投資できないこともあります。

サラリーマンやOLなど給与収入のある本業を持っている人にとっての不動産投資のメリットは、経費の控除が認められ、減価償却費も経費として認められることです。損益上赤字が出ている場合など、本業を持っている場合は節税効果が得られます。総合課税となるので、確定申告をすれば本業の黒字から不動産損益上の赤字を差し引くことができ、還付金も期待できます。

区分所有投資の成功例を見ると、通常は経費を認められないサラリーマンやOLなどが、その還付額に節税メリットの大きさを実感することが多いようです。

アドバイザーとして信頼できる不動産会社を見つけることも重要です。金融機関、管理会社といったプロ集団と連携し、物件の選択から運営計画の立て方、融資の受け方、運営の委託まで、初心者でも投資ができるようにフルにサポートしてくれるからです。成功した人たちの多くは、信頼できる不動産会社を見つけています。

不動産投資の始め方

頭金がないという人もいるでしょう。しかし今は低金利の時代。フルローンで投資している人も少なくありません。

頭金を入れるせよ、フルローンで投資するにせよ、資金計画は綿密に、かつ余裕をもたせることが欠かせません。大規模修繕などは事前に計画に入れておくにせよ、どういう理由で突発的な資金が必要になるか分かりません。想定外の事態が起きて収入が減ることもあります。

しっかりとした資金計画をたてるためにも、また優良な投資物件を見つけるためにも、信頼できる不動産会社を見つけることが大切です。最近では投資案件専門の不動産会社は多く存在しているようですので、インターネットで検索してある程度候補を絞り、いくつかの会社で実際に訪問してみましょう。そうして会社や担当者の対応を比較したほうがよいでしょう。その際、成功事例はもちろんのこと、失敗例やリスクなどネガティブな面についても具体的に尋ねてみるのもおすすめです。

不動産会社とは長い付き合いになります。あせらずに良いパートナーを見つけることが、初心者が不動産投資で成功するための第一歩と言えるでしょう。

>> ビギナーサラリーマン・OLのためのマンション投資について詳しく知る

【初心者に役立つマンション経営コラム】

>> 第1回 初心者でも大丈夫!最近話題の不動産投資を始めよう!

>> 第2回 なぜサラリーマンがマンション経営に着目すべきなのか

>> 第3回 老後の貯金、貯まってますか? あなたに必要な額を教えます

>> 第4回 マンション経営が保険代わりになる3つの理由

>> 第5回 マンション経営で自己資金はどのくらい必要なのか?

>> 第6回 不動産投資ローンを組むメリットとデメリットについて

>> 第7回 一棟所有よりも良いってホント?区分所有のメリット・デメリットのウソホント

>> 第8回 マンション経営で重要な2つの利回りと計算方法は?

>> 第9回 不動産投資物件の価格ってどう決まるの? 今後の価格動向に注目

>> 第10回 知っておきたい! 不動産所得と節税の仕組み

>> 第11回 物件のサブリースって? メリットとデメリットを比較してみた

>> 第12回 マンション経営を成功させるための空室対策5つのポイント

>> 第13回 不動産投資に失敗するのはどんな人?